取引先の創立記念日にもお祝いに胡蝶蘭を贈るケースが多い

育て方にもコツのある胡蝶蘭ですが、ある程度の暖かさが必要なのは、覚えておいた方が良いでしょう。胡蝶蘭が育った故郷は熱帯地域なのですが、木漏れ日の当る日陰に育った花なので、実のところ、直射日光も苦手です。

適温は15℃から20℃前後くらいで、置くとことは通気性も考えてあげましょう。

環境次第ですが水やりも頻繁に行う必要が無く、根元が乾いてきたと思ったらあげる感じです。

取引先の創立記念日にもお祝いに胡蝶蘭を贈るケースが多いですが、贈り方の慣習などについては、知識として覚えておかないとダメでしょう。

まず、赤系のこちょう蘭は火をイメージさせてしまうので、赤系は避けないといけません。それと、立札を付けるのを忘れないようにしましょう。

多くの花が贈られるので、何処から贈られたのか分かりやすいようにしておきます。フラワーギフトで胡蝶蘭をおくるのは、開業など人生の門出だけでなく、故人をしのぶ際にも使うことがあります。

胡蝶蘭という花は、悲しい気持ちをいやしてくれると言われていて、葬儀などのシーンでも贈ることはマナー違反ではないそうです。

日本にまで胡蝶蘭が広がることになった歴史のはじまりは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、その神秘的な美しさが、もっと綺麗な欄を探す事になり、現代胡蝶蘭を発見する事に繋がりました。胡蝶蘭にもいくつか種類がありますが、 分け方として、咲かせる花の大きさ別の違いあります。

一番イメージしやすく新規オープンなどで見かけるのが、花の大きさが一番ビッグな大倫というです。

逆に、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、お手頃価格で買える小さいサイズのミディ胡蝶ランがあります。使い分けですが、贈り先との関係性やシーンによって大体決まっています。

お祝いの花に胡蝶蘭が選ばれるには訳があります。

例をあげると、その優美な美しさ、さらに、コチョウランの持つ花言葉や長持ちすることも理由の一つです。普通の花束は、1週間も咲き続けることなく枯れるのが早いですし、これらのことを踏まえると、一ヶ月以上も長持ちするコチョウランが喜ばれるわけです。

お祝いに贈る花としては、胡蝶蘭をチョイスする方が圧倒的に多いのです。

頂いた胡蝶ランのお手入れですが、他の花と比べても簡単なほうです。

1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、花が散ってからの植え替え方法も簡単です。

しかし、寒さには強くないので、暖かい場所に置いてあげるようにしましょう。あと、空調の吹き出し口なども良くないので、置き場所については気を付けてあげて下さい。

フラワーギフトの場合、ラッピングも大事ですねたとえば、ラッピングを赤にすると豪華な印象になるし、ラップングを緑にすると新鮮な印象を埋めやすくなります。評判の良いフラワーギフトの通販店は、ほぼ全てのケースで、フラワーに合わせたラッピングカラーを選べるサービスが無料です。

胡蝶蘭にそえる立札なども、価格に含まれている通販ショップが増えています。花を贈られて嬉しくない人はそういませんが、贈られる人のシチュエーションに合った花言葉のものをチョイスすると、贈られた側も、花ギフトに込められた想いを感じることが出来ます。

たとえば、胡蝶蘭はお祝い事でよく利用されますが、胡蝶蘭共通の花言葉、純粋な愛などのほか、色別にそれぞれの花言葉をもっています。胡蝶蘭に限った話ではありませんが、贈られる側のシーンに合わせて花言葉を添えることで、ただ花を贈るよりも、一層心がこもった贈り物となるのです。携帯でネットが出来るようになった昨今では、フラワーギフトの通販サイトも、最近ではスマホから簡単に注文できます。

細やかなサービスも充実しているので、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。配送やお届けについても言えることで、全国スピード配送や場合によっては当日に配送してしまえるショップもあります。花を贈るのも随分と便利になりましたね。知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら1万円から3万円程度が相場ですかね。近年では、webショップを利用する人も多く、色々なライフシーンに対応した胡蝶蘭の通販店が人気です。

もともと、海外から来た花ですが、国内に持ち込まれたのは、明治の頃の話です。

まるで蝶々の様な美しい花ビラを持つところから、それを見た人が胡蝶蘭という名前を付けたそうですが、綺麗さだけでなく花言葉(幸運を運んでくる)も喜ばれる要因なんです。

ギフトフラワーの通販を利用する時、おすすめは、栽培している農家から直接発送される、産地直送を採用している販売店が一番です。

何故、産地直送が良いかというと、中間にある花市場を経由しないので、手元に届くまでの時間が短縮され、お花が新鮮な事と、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。

こちょう蘭のオンラインショップを利用する時も同じで、生産農家から直接送ってもらう方式がオススメです。

気になるコチョウランの値段ですが、 贈るシーンや、関係性によって変わってきます。

友達や親類への贈り物であれば5千円程度のミニコチョウランでも良いですし、会社関係であればミディやミニでなく大倫などの立派なコチョウランが必要です。どちらにしても、コチョウランが安価なのは、生花店より通販なので、時には6割ほど安く購入出来たりします。

ネット販売では卸売市場を経由しないい店が多く、栽培農家からの産地直送がおおいためです。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>胡蝶蘭の値段が安い通販ランキング@高級花が激安な理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です